浄土真宗の真実信心

浄土真宗の真実信心を求めて
〜そして巡り会った親鸞会〜

このページでは、当サイトに寄せられた体験談を掲載しています。

寺で「後生の一大事」を聞いたことがない

 私は東北のある浄土真宗末寺で坊守を務めております。
 
 物心ついたころから、仏前で「白骨の御文章」を読み上げる母の背中を見て育ちました。
 十七、八になると、自分で手に取って繰り返し拝読するようになり、覚えてしまったほどです。その流れるような文章に、この世の無常がしみじみと感じられました。

 ところが、分からない言葉が一つだけありました。それは最後に出てくる「後生の一大事」です。
「『誰の人もはやく、後生の一大事を心にかけて』とあるけど、一大事って何?」と、母に尋ねてもハッキリした答えは返ってきません。

 その後、28歳である真宗寺院へ嫁ぎました。自坊へ招待した布教使の説教を何度も聞きましたが、後生の一大事を説いてくれる人は、なかなか来ません。

 ある時、住職の夫から、戦後間もない京都へ仏教の勉強に行った時の思い出を聞かされました。
「ものすごく情熱的に、辻説法している人に会ってねえ。
高森顕徹といわれる、学生服を着た若い人だった。弥陀に救われた体験を、力いっぱい話していたんだ」
 この時、後生の一大事を聞いた夫は「オレも、後生の一大事、皆に知らせねばならん」
と思い、帰郷したそうです。ところが、住職の集まる会合でそう話すと、「戦後の生活の苦しい今、地獄に堕ちる話なぞ、だれが聞くか。やめとけ」
と、猛反対を受け、悔し涙をのんだそうです。

 私は正直「すべての人が、必ず地獄に堕ちることが後生の一大事?そんな悪いことはしていない」と、思いました。
 しかし、これはいよいよ本当のことが知りたいと思うようになり、布教使の話以外に、寺院関係者の会合にも努めて参加するようになりました。

 だけど、どの布教使も、仏法の後生の一大事を全く話さないのです。それよりも、会合で、寄付金の話をするばっかりでした。

 次のページ>次男から親鸞会の法話に誘われ


もくじ

はじめに
墓石に刻まれた言葉
父の求道と「宝の玉」
「信」の話を求めて訪ね歩き
姉の信仰と死(1)
姉の信仰と死(2)
そして父にも病魔が襲う
寺の法話に参詣するものの
親鸞会との出会い
親鸞聖人のお言葉