浄土真宗の真実信心

浄土真宗の真実信心を求めて
〜そして巡り会った親鸞会〜

このページでは、当サイトに寄せられた体験談を掲載しています。

ここでは、親鸞会会員の方から頂いた体験記を紹介しています。

 

言葉にならぬ感謝

 高森顕徹先生にお会いできて、こんな幸せはございません。

 滋賀県で敗戦後間もなく、誘われて聞かせていただきました。親鸞聖人がおっしゃるとおり、
「地獄一定すみか」の自己を知らされ、驚きました。

 噫、噫、噫、弥陀に救われた喜びは、ようこそようこそようこそ、としか言いようがありませんでした。先生の控室にお伺いしましたが、どう言葉にしたらいいか分からず、失礼いたしました。

 私は家庭の事情で、祖母に育てられました。仏縁深い祖母で、いつも寺参りに連れていかれました。尋常小学校2年の時、『往生要集』の地獄絵図に衝撃を受けました。
 主人は、小さな子供を残して敗戦直前に他界し、私は慣れない農業に苦労しました。

 高森顕徹先生のご法話には、子供を預けて参詣したのです。その夜は帰ることができず、見ず知らずの家に頼んで泊めてもらいました。枕は涙で、びしょびしょでした。電話もない時代、無断外泊で早朝に帰宅しました。家人はあきれていましたが、私は喜びいっぱいでした。

 その後、間もなく、神奈川に引っ越しました。築地本願寺に通いましたが、二益法門も、一念の信心も、一回も聞いたことがありません。

 やがて、高森先生が東京にもお越しになるようになり、再び聞かせていただけるようになりました。先生からでなかったら、一念の信心は聞かせていただけませんでした。

 体は痛いところばかりで、歩行もままなりませんが、聞即信、この身に救われ、こんな幸せ者はありません。「不可称不可説不可思議」「心は浄土に遊ぶなり」。この心は、どこからわいてくるのでしょうか。

 私はもう何も望むことはありませんが、たった一つ、息子夫婦がまだ仏法とご縁のないことが苦しみです。遺言には書いておりますが、ただただ仏縁を念ずるばかりです。私の家は、何百年、浄土真宗を護り続けてきました。息子にもこの真実を受け継いでもらいたいです。

 高森先生、もう一度お会いしたいですが、高齢でかないません。本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 


親鸞会 会員の声

心は阿弥陀さままかせ、肉体は医者まかせ
心の奥底に、生命の大歓喜が常に
「一向専念よ!」と母は遺言した
寺で「後生の一大事」を聞いたことがない


もくじ

はじめに
墓石に刻まれた言葉
父の求道と「宝の玉」
「信」の話を求めて訪ね歩き
姉の信仰と死(1)
姉の信仰と死(2)
そして父にも病魔が襲う
寺の法話に参詣するものの
高森顕徹先生との出会い
親鸞聖人のお言葉